どうして男性に多いの?

痛風になる人は、男性が98%、女性は2%ほどと性別によって大きな差があります。
どうして男性が多く痛風になってしまうのかというと、男性は女性に比べて血液中の尿酸値が高いからです。
女性に多く備わっている女性ホルモンには、痛風の原因にもなっている尿酸の発生を抑えて、体の外へ排出する働きがあります。
元々体の構造的に女性は尿酸がたまりにくいので、痛風にもなりにくくなっているのです。
しかし、だからといって女性が全く痛風にならないというわけではありません。
女性ホルモンは年齢を重ねるごとに減ってしまうので、閉経する頃には女性ホルモンの恩恵は受けられなくなるからです。
それに、高カロリーな食事が好きな人や水をあまり飲まない人は尿酸が排出されにくいので痛風の危険は高まってしまいます。
しかしそれでも、男性のほうが痛風になってしまうのは食生活が大きく影響しているといわれています。
痛風の最大の原因でもあるプリン体。これを知らずのうちに過剰に摂取することで尿酸値は上昇してしまいます。
プリン体を多く含むのは、ビール、肉類、明太子などの海産物、昆布、しいたけなどです。
仕事終わりにキンキンに冷えたビールをぐいっと飲むのはとっても美味しいです。
お酒が大好きな人なら、アテに肉や魚の美味しいおつまみを一緒に食べますよね。
悲しいことに、こういう美味しいと感じるものほどプリン体は多く含まれているのです。
男性は特に仕事の付き合いでお酒を飲む機会も多いでしょうから、必然的に痛風のリスクも上がっていきます。
完全に飲まない、食べないというのは無理な話なので食事はほどほどに抑えることが一番です。